施工事例

襖(ふすま) 修復 ふすま絵・修復:町家のリモデルの一例

町家のリモデルの一例。杉戸に張り込まれていた、四季の水墨画の修復。

施工前後

Before

春のふすま絵(右端)。本紙が切れた状態で永らく放置されていました。

After

1級表具技能士の腕の見せ所です。本紙が息を吹き返す瞬間です。

Before

大胆に切れていました。

After

上質な和紙は何十年経っても、丈夫で扱いやすいものです。

Before

夏のふすま絵(右から2枚目)。損傷の具合は慎重に判断しなければなりません。

After

必要最小限の洗いでも、ふすまの絵がはっきりと浮かび上がりました。

Before

いつの時代かに、修復された跡。当時の持ち主か?

After

お客様をお迎えしても、気になりませんね。

Before

秋のふすま絵(右から3枚目)。テープの跡が痛々しい。損傷が最も激しい部分。

After

お客様ご本人も、どこが切れていたか分からないほどにまで修復できました。

Before

上段部アップ。

After

Before

中断部アップ。

After

Before

下段部アップ。

After

Before

冬のふすま絵(左端)。損傷の最も少ない部分。

After

保存状態が良ければよいほど、仕上がりも良好になります。

Before

珍しい引き手はリユースします。

After

打ち直しと洗い・再塗装を施しました。

Before

ふすま面の裏側は杉板でした。

After

隣の部屋は和モダンなリビングへと変身。

こちらの施工例の費用目安 ※

※ 費用は施工当時のものです。

費用は材料費等の価格に合わせて変わりますので、費用をお知りになりたい方は「お見積り」よりお問い合わせください。

ふすま絵のめくり・洗い・修復一式(4枚分)¥42,000(当時)
裏打(4枚分)¥44,000(当時)
ふすま表面張替(4枚分)¥42,000(当時)
引き手洗い・再塗装(4個分)¥24,000(当時)
合計¥159,600(当時)

当社の営業時間、費用目安について下記をご確認ください。